未分類

正社員で働くメリット・デメリットとは?

「正社員として働きたい」とお考えの方は多くいるのではないでしょうか。
正社員は安定していて給料がいいというイメージですよね。
しかし、正社員にもメリット・デメリットの両面があるんです。
そこで今回は、正社員のメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。

正社員で働くメリット・デメリット

正社員は法律上の定義は存在せず、労働基準法では正社員も非正規社員も全て同じ「労働者」としてくくられています。
しかし一般的に、雇用期間がなくフルタイムで働く労働者のことを正社員と言います。
正社員として働くメリット・デメリットについて以下に説明していきます。

メリット

・仕事内容・・・責任ある裁量の大きい仕事を任されることがあります。
・給与・収入・・・毎月固定給であり、賞与やボーナスを支給する企業もあります。
・スキルアップ・・・資格支援、研修など、スキルアップするための制度を利用することができます。
・福利厚生の充実・・・正社員は福利厚生の範囲が広く、雇用保険、健康保険、介護保険、労災保険や住宅手当、退職金などが該当します。

収入、福利厚生の充実が大きなメリットとして挙げられますね。

デメリット

・休暇を取得しにくい・・・忙しい時期や仕事が溜まってくると残業や休日返上で業務にあたるケースがあります。
・転勤・異動・・・辞令には従わなければいけないため、望まない場所に配属される可能性もあります。転勤に抵抗がある方は、転勤制度のない企業を選ぶのが最善です。
・責任感・・・アルバイト、パートの仕事を把握、まとめる、指導などの業務を任せられることもあります。トラブルが起きた際には謝罪、対応に追われることもあるでしょう。

休暇を取得しにくいという企業はまだまだ存在しています。
残業も正社員のデメリットだと言えるでしょう。

まとめ

今回は、正社員で働くメリット、デメリットを紹介いたしました。
企業によっては、必ずしも該当しない内容もありますので採用の際にすり合わせて確認しておくことが大切です。

自身のライフスタイルに合わせた働き方を見つけてみてください。

雇用形態の種類について気になる方は、こちらの記事をどうぞ☟

雇用形態って何?雇用形態の種類はどんなものがある?現代では、同じ職場で様々な雇用形態の方が働いているという場合も多くあるのではないでしょうか。 だけど、「正社員と契約社員ってどう違うの...