未分類

知っているようで知らない正社員とパートの違いとは?

正社員とパートの違いが分かりますか?
単純に言うならば、フルタイムか短時間かという違いが思い浮かぶ方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、正社員とパートにどういった違いがあるのかご紹介したいと思います。

正社員とパートの違い

正社員とパートの違いはどういった違いがあるのでしょうか。
以下で説明していきます。

仕事内容

正社員は責任ある仕事を任されることが多く、パートは正社員よりも簡単な仕事を任せているケースが多くあります。

給与

正社員は固定給で月々貰えるお金があらかじめ決められており、ボーナスや退職金の支給があるという会社が多いのに対し、パートの給料は正社員よりも低く設定されていることが多く、時給で働いている人がほとんどです。
会社によっては、パートでもボーナスや退職金を受け取れるケースもあります。

待遇

正社員は福利厚生が手厚く、住宅手当や資格手当などが用意されている会社が少なくなく、パートは福利厚生の待遇が乏しいです。しかし、パートでも有給や産休育休の取得はできます。法律上で決められていますので、それを取得する権利はあります。

安定性

正社員は余程のことがない限り働き続けることができ、安定した働き方ができます。
それに対しパートは期間が定められた契約を会社と結んでいる事が多く、期間終了を持って契約が延長されないことがあるので不安定な働き方と言えます。

パートから正社員も目指せる

今はパートで働いている方も、将来的には正社員としてバリバリ働きたい!と考えている方もいるのではないでしょうか?
そういった方は、正社員登用制度のある会社で働いてみることをおすすめします。
正社員登用制度とは、パートやアルバイトなどの雇用者が正社員として採用される制度のことで、勤務年数などの条件をクリアし面接などの選考を経て正社員に採用されます。
パートから正社員を目指したいという方は、是非この制度のある会社を受けてみましょう。

まとめ

今回は正社員とパートの違いについてご紹介しました。
自分の働き方で迷っている方は、是非上記を参考にしてみて下さいね。

雇用形態の種類について気になる方は、こちらの記事をどうぞ☟

雇用形態って何?雇用形態の種類はどんなものがある?現代では、同じ職場で様々な雇用形態の方が働いているという場合も多くあるのではないでしょうか。 だけど、「正社員と契約社員ってどう違うの...